施設案内

萬国屋の歴史

文人墨客を惹きつけた、歴史ある名湯。

歴史を紡ぐこと千年以上。あつみ温泉は、庄内三楽郷のひとつに数えられる名湯です。
穏やかに流れる清流沿いに佇む山の湯は、古くから多くに文人墨客にも愛されてきました。

1000年の歴史ある「あつみ温泉」

温海岳のふもと、温海川の渓流に沿う湯の町、あつみ温泉には、千年を超える歴史があります。その起源はさまざまに言い伝えられていますが、かの弘法大使の夢のお告げであったとも、鶴が湧き出る湯で傷を癒す姿をきこりが見つけたとも。

酒井忠勝公が庄内藩主となった後、藩公の湯役所が設けられ、以来、湯治場として賑わいをみせてきました。

人々に親しまれ、大切に守られてきた山の湯には、その風情に惹かれてか、古くは松尾芭蕉、そして横山利一、与謝野晶子など、多くの小説家や詩人も訪れています。

1000年の歴史ある「あつみ温泉」

萬国屋の歩み

開業
約300余年前(温海町史より、江戸、寛文年間に儀左衛門の宿の記載が読みとれる)
明治初期
パリの萬国博覧会に縁み社名を萬国屋旅館とする
大正10年(1921年)
萬国屋旅館 水害に遭う
大正14年(1925年)
現在地に移転
昭和14年(1939年)
萬国屋旅館 火災に遭う
昭和18年(1943年)
本館完成
昭和28年(1953年)
あつみ温泉大火(萬国屋は焼けなかった)
昭和30年(1955年)
別館完成
政府登録国際観光旅館(第159号)に登録される
昭和41年(1966年)
離れ八花苑(17室)、萬代宴会場(250畳)完成
昭和51年(1976年)
中央館増築完成 収容530名様になる
昭和56年(1981年)
法人成 株式会社 ホテル萬国屋に改名
昭和61年(1986年)
社名を株式会社 萬国屋に変更
昭和62年(1987年)
新中央館増改築工事完成 収容750名様になる
日本能率協会より日本旅館として最初にサービス優秀特別賞を受賞
平成2年(1990年)
離れ客室改造 全室檜風呂付
平成3年(1991年)
別館客室改造 全室檜風呂付
平成4年(1992年)
中央館川側客室改造(全室檜風呂、ウォシュレット付)
平成6年(1994年)
新本館楽山楽水完成 総客室数150 収容900名様となる
平成16年(2004年)
離れ改装 8室
1階大浴場「桃源山水」・1階露天風呂「桃里の湯」オープン
平成21年(2009年)
中央館改装
和ダイニング「芙蓉」 オープン
オンライン予約・空室検索